動画制作会社を利用してPR動画を作る

もし動画制作に自信がないという方は、動画制作会社への依頼を検討されてみてはいかがでしょうか。確かにインターネットなどでは動画制作におけるポイントなどを紹介してくれるところはたくさんあります。そのため、そのようなサイトを閲覧して制作することもできます。しかし、動画制作は通常、ソフトなどを利用してパソコンを用いて編集などを行います。また、自分自身で制作する時は動画制作には素材が必要ですから素材の確保も計画的に行わなければなりません。それによって制作時間や段取りが変わってきますので、事前の準備を最優先としましょう。

また、先程ソフトを使用すると言いましたが、充実した動画コンテンツを作れるソフトにはさまざまな機能が搭載されているので、使い方から学ばなくてはなりません。一から学ぶとなると制作に時間がかかります。

プロの動画制作会社に依頼をすれば制作工程の大部分を省略することができるので、PR動画の準備をスムーズに行うことができます。そのため、PR動画を公開している多くの自治体や企業においては、動画制作会社を利用しています。動画制作会社ではPR動画だけでなく広告動画など幅広い分野を扱っており、実際にプロの方が動画制作をするため、クオリティーの高いものを制作してもらうことができるでしょう。


最後まで見てもらうために工夫をしよう

例えば最後まで見てもらえる動画制作におけるポイントとしては人を惹き付ける制作を心がけることです。人それぞれで惹きつけられる点は異なりますが、簡単に言えば面白い動画とつまらない動画の二つがあるとして多くの方は面白い方の動画を最後まで見ることになります。面白さに惹きつけられて最後まで閲覧してくれる方は多くいるでしょう。惹き付ける動画制作を行うために動画にストーリー性を持たせているPR動画などもあります。ストーリー性があることで次のストーリー展開が気になり最後まで見てくれるという方も少なくありません。

手法はそれぞれの制作者でも異なりますが、ストーリーの手法を採用して動画制作を行う方は三つのポイントを意識して動画制作を行います。それは売り上げなどの具体的な事柄ではなく、ブランディングを意識すること、2分ぐらいの尺、実写で動画を制作することになります。例えば尺においてはあまりにも長いもの制作するとその分費用などがかかります。また、忙しい方は最後まで見てくれない可能性もあります。2分ぐらいであれば電車の移動時間でも見られるので、時間に余裕がない方でも最後まで見てくれる可能性が高くなるのではないでしょうか。


コンバーションを高めるためには

せっかく動画制作を行うのであればなるべくコンバーションが高い動画を制作したいと思うのが一般的です。コンバーションの元々の意味は変換や転換などになりますが、インターネットの分野においてはWeb上で獲得できる最終的な成果を意味します。当然、成果はそれぞれ動画制作をされる方で異なります。例えば自治体がPR動画制作を行う場合、多くのケースで町おこしや観光客の増加を見込むために制作することになります。そのため、成果としては観光客の増加や自治体に住む人口の増加となります。企業においては商品を宣伝するのであれば商品の売り上げが成果となるでしょう。

もちろん成果が高ければ高いほど、その分自治体であれば人口や観光客の増加、企業であれば商品効率の向上などを狙えますから高いコンバーションを目指している方は多くいます。ではコンバーションを高めるためにどのようなポイントが挙げられるのでしょうか。

例えば最後まで見てもらえる動画制作をすることです。動画はテレビCMなどとは異なり、途中で動画を停止して別のページに移動することができます。もし最後まで見てもらえなければ当然多くの成果を得ることは難しいでしょう。では最後まで見てもらえるために動画制作においてどのような工夫を施せばいいのでしょうか。


PR動画制作について

現代においてはさまざまな技術が発達しています。昭和時代の白黒テレビや映画などの文化が普及してから長い年月をかけてインターネットの時代に入っています。平成に入り映像においても大きく変化しました。ブラウン管テレビは地上デジタル放送に合わせ薄型テレビになり、インターネットの普及に伴い手元の端末から確認することができるようになっています。今では幅広いターゲット層に向けて情報を広める手段として、テレビに限らず独自の動画を活用して自社商品の宣伝をしたり、自治体が多くの観光客を呼び込むためにPR動画制作をしているところもあります。

動画を公開する方法は比較的簡単です。例えば現在では動画公開サイトなどがあります。また、企業や自治体の多くは自身のホームページを運用し、そこからリンクしているところも増えてきていますから、videoタグなどで設定をすれば公開することができます。PR動画は主に自分の会社や自治体などをアピールするために作られることが多いです。コマーシャルという枠にとどまらず、会社それぞれの目的に沿った内容で、定められたPR時間の規定もなく、比較的自由に作ることができます。一方、数多くの方が公開していますから動画制作を検討している方は、制作に必要な音源や画像など素材をポイントとして把握しておけば円滑に作ることができ、多くの人が見てくれる動画配信につなげることができます。

今回は動画制作のポイントについて紹介します。