PR動画制作について

現代においてはさまざまな技術が発達しています。昭和時代の白黒テレビや映画などの文化が普及してから長い年月をかけてインターネットの時代に入っています。平成に入り映像においても大きく変化しました。ブラウン管テレビは地上デジタル放送に合わせ薄型テレビになり、インターネットの普及に伴い手元の端末から確認することができるようになっています。今では幅広いターゲット層に向けて情報を広める手段として、テレビに限らず独自の動画を活用して自社商品の宣伝をしたり、自治体が多くの観光客を呼び込むためにPR動画制作をしているところもあります。

動画を公開する方法は比較的簡単です。例えば現在では動画公開サイトなどがあります。また、企業や自治体の多くは自身のホームページを運用し、そこからリンクしているところも増えてきていますから、videoタグなどで設定をすれば公開することができます。PR動画は主に自分の会社や自治体などをアピールするために作られることが多いです。コマーシャルという枠にとどまらず、会社それぞれの目的に沿った内容で、定められたPR時間の規定もなく、比較的自由に作ることができます。一方、数多くの方が公開していますから動画制作を検討している方は、制作に必要な音源や画像など素材をポイントとして把握しておけば円滑に作ることができ、多くの人が見てくれる動画配信につなげることができます。

今回は動画制作のポイントについて紹介します。