コンバーションを高めるためには

せっかく動画制作を行うのであればなるべくコンバーションが高い動画を制作したいと思うのが一般的です。コンバーションの元々の意味は変換や転換などになりますが、インターネットの分野においてはWeb上で獲得できる最終的な成果を意味します。当然、成果はそれぞれ動画制作をされる方で異なります。例えば自治体がPR動画制作を行う場合、多くのケースで町おこしや観光客の増加を見込むために制作することになります。そのため、成果としては観光客の増加や自治体に住む人口の増加となります。企業においては商品を宣伝するのであれば商品の売り上げが成果となるでしょう。

もちろん成果が高ければ高いほど、その分自治体であれば人口や観光客の増加、企業であれば商品効率の向上などを狙えますから高いコンバーションを目指している方は多くいます。ではコンバーションを高めるためにどのようなポイントが挙げられるのでしょうか。

例えば最後まで見てもらえる動画制作をすることです。動画はテレビCMなどとは異なり、途中で動画を停止して別のページに移動することができます。もし最後まで見てもらえなければ当然多くの成果を得ることは難しいでしょう。では最後まで見てもらえるために動画制作においてどのような工夫を施せばいいのでしょうか。