最後まで見てもらうために工夫をしよう

例えば最後まで見てもらえる動画制作におけるポイントとしては人を惹き付ける制作を心がけることです。人それぞれで惹きつけられる点は異なりますが、簡単に言えば面白い動画とつまらない動画の二つがあるとして多くの方は面白い方の動画を最後まで見ることになります。面白さに惹きつけられて最後まで閲覧してくれる方は多くいるでしょう。惹き付ける動画制作を行うために動画にストーリー性を持たせているPR動画などもあります。ストーリー性があることで次のストーリー展開が気になり最後まで見てくれるという方も少なくありません。

手法はそれぞれの制作者でも異なりますが、ストーリーの手法を採用して動画制作を行う方は三つのポイントを意識して動画制作を行います。それは売り上げなどの具体的な事柄ではなく、ブランディングを意識すること、2分ぐらいの尺、実写で動画を制作することになります。例えば尺においてはあまりにも長いもの制作するとその分費用などがかかります。また、忙しい方は最後まで見てくれない可能性もあります。2分ぐらいであれば電車の移動時間でも見られるので、時間に余裕がない方でも最後まで見てくれる可能性が高くなるのではないでしょうか。